はじめに

商標とは

  商標とは、商標法により定められた商標権を付与されることをいいます。商標を取得するためには、特許庁に対してマーク(文字)及び使用する商品又は役務を記載した願書を提出して審査してもらいます。審査の結果、商標を与えてもよいと判断されると、商標が登録されます。
  従って、必ず出願/申請すれば商標になるわけではないので、注意が必要です。ただし、あらかじめ、簡単な調査を行うことにより登録の可能性を大幅に上げることができます。

出願/申請方法

  商標権を取得するためには、特許庁に対して願書を提出しなければなりません。
  出願の方法は、電子出願と郵送の2通りがありますが、電子出願では専用ソフトのインストールや振替口座等の手続が必要となるため、郵送での手続をお勧めいたします。当サイトでは、郵送での手続を前提として解説しています。

必要書類

  特許出願に際し、以下の書類を提出する必要があります。

出願/申請方法

  特許庁の住所に送付します。願書に記載した【提出日】に出したことを証明する証拠となるため、書留等により送ります。また、誤配防止のため、封筒に赤字で「商標登録出願関係書類在中」と記載しておきます。

〒100-8915
東京都千代田区霞が関3丁目4番3号
    特許庁長官  宛

  また、出願書類を特許庁に直接持参してもよいです。特許庁の地図はこちらです。

《関連サイト》  特許庁(郵送先の案内)

願書

願書とは

  願書には、登録を求める標章及び指定商品・指定役務を記載します。出願費用についても、願書に特許印紙を貼付することで納付します。出願費用は2013年の段階で\12,000です。
  願書のWORDファイルはこちらからダウンロードしてください。願書内の赤字は注意書きです。出願の際は消去してください。

《関連サイト》  特許庁(願書の作成方法)         特許庁(注意事項)

願書の書き方

  次に、願書の記載方法についてダウンロードした上記ファイルに従って説明します。

《関連サイト》  特許庁(願書の作成要領)←願書の記載方法が詳しく書いてある特許庁のHPです

【整理番号】

  整理番号の欄は、自分でわかりやすい整理番号を任意に記載します。例えば、PAT001などローマ字、数字、もしくは両者の組み合わせから任意に記載します。ただし、10文字以内で記載しなければなりません。【備考 6】

【提出日】

  郵送の場合は、差し出す日をなるべく記載します。消印が不明だと、特許庁に到達した日を出願日として認定されます。
  特許庁の窓口に直接持参する場合には、窓口に提出する日をなるべく記載します。

【商標登録を受けようとする商標】

  ここに、登録を受けようとする商標を挿入します。大きさは、8cm×8cm以内です。画像で挿入ではなく、上記サイズの紙を願書に貼り付けて提出することもできます。【備考 7】
  商標には、文字だけの【標準文字】や3次元の【立体商標】などがあります。基本的に、【標準文字】の商標のほうが、権利範囲が広く登録になりにくいです。

【標準文字】

  【商標登録を受けようとする商標】の欄の最下部に【標準文字】の欄を設けます。標準文字は、以下の要領で記載します。

  • 文字色は黒
  • 全角文字で大きさ及び書体が同一
  • 10ポイント以上の大きさ
  • 一行横書き
  • 特許庁長官が指定した文字(こちら)を使用

【立体商標】

  3次元の立体的な商標を立体商標といいます。不二家のペコちゃんなどは、代表的な立体商標です。
  立体商標の場合は、立体商標を異なる2以上の方向から見た図(写真)を挿入し、立体的形状を明確にする必要があります。このときの、画像の大きさは、15cm×15cm以内に収めてください。
  ただし、上記以内に収まらない場合には、【商標登録を受けようとする商標】の欄に「別紙のとおり」と記載し、別紙(余白は左・上に2cm、右・下に3cm)に【商標登録を受けようとする商標】の欄のみ設けて記載します。【備考 7ホ】願書と別紙は、まとめて左上をホチキスで止めます。

【指定商品又は指定役務並びに商品及び役務の区分】

  この欄では、商標を付記する商品又は、商標を使用する役務(業務)を指定します。例えば、以下のように記載します。原則的に、使用する、又は使用擦る可能性がある商品・役務jを指定してください。指定する区分が増えると、それに伴って、出願料や維持費がかかります。

【第30類】
【指定商品(指定役務)】コーヒー,コーヒー豆,和菓子,洋菓子,パン
【第32類】
【指定商品(指定役務)】清涼飲料,果実飲料,乳清飲料

《関連サイト》  特許庁(商品・役務を指定する際の御注意)  特許庁(商品・役務検索サイト)

【商標登録出願人】

  出願人は、人又は法人のいずれも記載することができます。ただし、法人格の無い団体は出願人になれません。また、個人事業主も屋号を記載することはできません。
  2名以上で共同出願する場合は、下記のように記載します。
【商標登録出願人】
    【住所又は居所】
    【氏名又は名称】
    【代表者】
【商標登録出願人】
    【住所又は居所】
    【氏名又は名称】
    【代表者】

特許印紙の添付

  左上の余白に区分の数に応じたの特許印紙を貼付しなければなりません。さらに、その下にその額を括弧をして記載します。2013年10月現在の料金は、3400円+区分数×8600円です。

《関連サイト》  特許庁(出願費用)

電子化手数料の納付

  商標登録出願から数週間後に、財団法人工業所有権電子情報化センターから電子化料金の払込用紙が送付されてきます。この用紙で、1200円×700円×枚数の料金を支払います。