はじめに

意匠とは

  意匠とは、意匠法により定められた意匠権を付与されることをいいます。意匠を取得するためには、特許庁に対して意匠に係る物品記載した願書及び意匠の形状がわかる図面を提出して審査してもらいます。審査の結果、意匠を与えてもよいと判断されると、意匠が登録されます。
  従って、必ず出願/申請すれば意匠になるわけではないので、注意が必要です。意匠では、既に登録されている意匠と同一又は類似である場合には、登録されません。

出願/申請方法

  意匠権を取得するためには、特許庁に対して願書を提出しなければなりません。
  出願の方法は、電子出願と郵送の2通りがありますが、電子出願では専用ソフトのインストールや振替口座等の手続が必要となるため、郵送での手続をお勧めいたします。当サイトでは、郵送での手続を前提として解説しています。

必要書類

  特許出願に際し、以下の書類を提出する必要があります。

出願/申請方法

  特許庁の住所に送付します。願書に記載した【提出日】に出したことを証明する証拠となるため、書留等により送ります。また、誤配防止のため、封筒に赤字で「意匠登録出願関係書類在中」と記載しておきます。

〒100-8915
東京都千代田区霞が関3丁目4番3号
    特許庁長官  宛

  また、出願書類を特許庁に直接持参してもよいです。特許庁の地図はこちらです。

《関連サイト》  特許庁(郵送先の案内)

願書

願書とは

  願書には、登録を求める物品名を記載します。出願費用についても、願書に特許印紙を貼付することで納付します。出願費用は2013年の段階で\16,000です。
  願書のWORDファイルはこちらからダウンロードしてください。願書内の赤字は注意書きです。出願の際は消去してください。

《関連サイト》    特許庁(注意事項)      特許庁(願書の作成要領)

願書の書き方

  次に、願書の記載方法についてダウンロードした上記ファイルに従って説明します。

《関連サイト》  特許庁(願書の作成要領)←願書の記載方法が詳しく書いてある特許庁のHPです

【整理番号】

  整理番号の欄は、自分でわかりやすい整理番号を任意に記載します。例えば、PAT001などローマ字、数字、もしくは両者の組み合わせから任意に記載します。ただし、10文字以内で記載しなければなりません。

【提出日】

  郵送の場合は、差し出す日をなるべく記載します。消印が不明だと、特許庁に到達した日を出願日として認定されます。
  特許庁の窓口に直接持参する場合には、窓口に提出する日をなるべく記載します。

【意匠に係る物品】

  登録を受けようとする意匠の物品の名称を記載します。記載する名称は、法律で定められています。物品名の一覧表はこちらをご覧ください。
  上記の一覧表に物品名が無い場合には、とりあえず一覧表に無い物品名を記載し、【意匠に係る物品の説明】の欄で物品名を説明します。

【意匠の創作をした者】

  意匠の創作をした者は、必ず人でなければいけません。従って、法人や団体は意匠の創作をした者になれません。意匠の創作をした者とは、意匠を創作をするにあたりそれに携わった方をすべて記載します。意匠の創作をした者が2人以上いる場合には、次のように記載します。
【意匠の創作をした者】
    【住所又は居所】
    【氏名】
【意匠の創作をした者】
    【住所又は居所】
    【氏名】

【住所又は居所】

  住所は、何県、何郡、何村、大字何、字何、何番地、何号のように詳しく記載します。また、会社、事務所等を居所として表示するときは 「○○株式会社内 「○○事務所内」のように 記載します。【備考 7】

【氏名】

  氏名の名字と名前の間は、1マス開けます。

【意匠登録出願人】

  意匠登録出願人は、人又は法人のいずれも記載することができます。ただし、法人格の無い団体は出願人になれません。また、個人事業主も屋号を記載することはできません。
  2名以上で共同出願する場合は、【意匠の創作をした者】と同様に下記のように記載します。
【意匠登録出願人】
    【住所又は居所】
    【氏名又は名称】
    【代表者】
【意匠登録出願人】
    【住所又は居所】
    【氏名又は名称】
    【代表者】

【氏名】

  出願人が人の場合は、氏名の横に印を押します。この場合。【代表者】の欄は不要です。出願人が法人の場合は、代表者の欄を設けて代表者の印を押します。【備考 11】

【意匠に係る物品の説明】

  【意匠に係る物品】が法律で定められた一覧表に無い場合は、その物品の使用の目的、使用の状態等物品の理解を助けることができるような説明を記載して下さい。【備考 39】

【意匠の説明】

  意匠の説明の欄は、以下の点に留意して記載してください。

  • 他人が、意匠の材質又は大きさを理解することができないと思われる場合は、その意匠に係る物品の材質又は大きさを記載
  • 意匠に係る物品の形状、模様又は色彩が変化する場合(例えば、手足の動くおもちゃ)、変化の前後にわたるその物品の形状等い及びその機能の説明を記載
  • 意匠に係る物品の全部又は一部が透明であるときは、その旨を記載
  • 図面で、図の省略、形状または模様の連続状態若しくは物品の一部の図示の省略等を行う場合には、その旨を記載
  • 斜投影図法により作成したときは、キャビネット図又はカバリエ図の別及び傾角を図ごとに記載

特許印紙の添付

  左上の余白に\16000の特許印紙を貼付しなければなりません。さらに、その下にその額を括弧をして記載します。特許印紙は、郵便局で購入できます。
【備考 5】

注意事項

  ダウンロードしたワードファイルの願書で、ページの余白や文字サイズ等は変更しないでください。参考までに、願書の書式では、余白は、少なくとも用紙の上に6㎝、左右及び下に各々2㎝、書き方は左横書、1行は36字詰めとし、1ページは29行以内、文字は、10ポイントから12ポイントまでとなっています。【備考 1~4】

図面

図面とは

  願書には、登録を求める物品名を記載します。出願費用についても、願書に特許印紙を貼付することで納付します。出願費用は2013年の段階で\16,000です。
  願書のWORDファイルはこちらからダウンロードしてください。願書内の赤字は注意書きです。出願の際は消去してください。

《関連サイト》    特許庁(図面記載の基本)

図面の書き方

  次に、図面の書き方についてダウンロードした上記ファイルに従って説明します。

《関連サイト》     特許庁(図面の作成要領)←図面の記載方法が詳しく書いてある特許庁のHPです

図面の書き方

  図面は、基本的に同一縮尺により正投影法で作成した【正面図】、【背面図】、【右側面図】、【左側面図】、【平面図】、【底面図】を一組として記載します。以下、図面作成の際の留意点です。

  • 線の太さは、実線及び破線にあっては約0.4mm(切断面を表す平行斜線にあっては約0.2mm)、鎖線にあっては約 0.2mm
  • 図は、横 150mm、縦 113mm以内のサイズ
  • 図中には、中心線、水平線、基準線等の余計な線は記載しない
  • 棒材、線材、板材、管材等であって形状が連続するもの又は地のものであつて模様が繰り返し連続するものを表す図面は、その連続し、又は繰り返し連続する状態が明らかにわかる部分だけについて作成してもよい。ただし、【意匠の説明】の欄にその旨を記載
  • 6面図だけでは十分でないときは、展開図、断面図、斜視図等の参考図を加えてもよい
  • 物品の全部または一部が透明である意匠の図面では、透けて見える部分はそのまま表す
  • 透明部分に模様がある場合は、前面に見える模様のみを表す
  • 透明部分の表と裏に模様がある場合は、両方の模様を表す
写真の場合

  ダウンロードした図面にある図だけでなく、写真を直接貼り付けることもできます。写真の場合には、以下の点に注意してください。

  • 意匠を構成しないもの(背景、陰ではない影、鏡面状部分への写り込み等)が写らないようにする
  • 凹凸等に現れる濃淡の「陰」が、模様と区別しづらい場合は、【意匠の説明】の欄に、その区別を記載
  • 前方が大きく後方が小さく写るパース状にできるだけならないような撮影方法で撮影する
  • 背景部や台の面が模様等として写らないよう、白色布、黒色布等の同一のもので背景部や台を覆う
  • デジタル写真の撮影データ等について、形態を鮮明にする、意匠を構成しないものを消去する等の操作を加えても可
  • サイズは上記図面と同様に縦113mm、横150mm以内

《関連サイト》    特許庁(図面代用写真)

電子化手数料の納付

  意匠登録出願から数週間後に、財団法人工業所有権電子情報化センターから電子化料金の払込用紙が送付されてきます。この用紙で、1200円×700円×枚数の料金を支払います。